2018年2月24日

ドキドキとワクワクが半分ずつのクルピガンバの船出



ガンバ大阪23名古屋グランパス


長いようで短いオフが終わり、新たなシーズンの幕が開けるこの時期は、
何度も経験しても胸の昂ぶりを覚えるもの。

ただ、今季の開幕戦を迎えるにあたっては、
不安な気持ちを抱いているガンバサポも多かったことだろうと思う。

昨季の9月から勝利に見放されているにも関わらず、今オフでは目立った補強も無く、
プレシーズンでの戦績も伴わないと来れば、尚更だろう。

そんなサポーターの不安を知ってか知らずか、今季からガンバの指揮を執るクルピは、
この試合のスタメンに市丸と福田という若いダブルボランチを抜擢。

さらには17歳の中村をベンチ入りさせるなど、
ここ数年の長谷川健太政権下では見られなかった大胆な用兵を見せてきたね。

新しいことを始めるときは、いつだって不安はつきもの。

そんな不安とうまく付き合いながら、クルピが蒔いた種が花開くことに期待して、
長い目で今季のチームを応援していこうじゃありませんか。



この試合では、対戦相手の名古屋にも、
17歳の菅原という選手がスタメン起用されていて、
否応にも若い世代の選手たちに注目が集まりがちだったけど、
ファーストゴールを挙げたのは御年38歳の遠藤保仁。

左サイドを抜け出した倉田からのマイナスの折り返しを、
丁寧なインサイドキックでゴールにパスをするように流し込んだね。

その後も、ゴール前でヘディングシュートを放つなど、
春先のこの時期にガンバ大阪のスロースタートの象徴である背番号7番が、
これだけ動けているのはあまり記憶に無い。

後半は運動量が落ちて試合から消えてしまった感はあるけど、
自分のことをまだまだ忘れてもらっては困るという、
貫禄のパフォーマンスだったと思う。



ただ、ガンバとして痛かったのは、遠藤が先制ゴールを挙げた後から、
しばらく攻勢の時間帯が続いたのにも関わらず、そこで追加点を奪えなかったこと。

前線の個の力とポゼッション力で勝る名古屋に、
徐々に試合の主導権を渡すような結果になってしまった。

昨季のJ2での名古屋の戦いぶりを見ていても、
J1のチームと対戦しても2,3点は奪える力があると思っていたので、
この試合でガンバが3失点をしたことについては別に不思議な事ではない。

ただ、昨季の名古屋は、風間サッカーの弊害と言うべきか、
守備面で問題を抱えていたけど、この試合での名古屋の選手たちは、
守備意識がとても高かったように思う。

特に、ガブリエル・シャビエルがあれだけ献身的に守備に戻る姿は、
昨季のJ2では見られなかった光景だった。

さらに、ジョー、ホーシャ、ランゲラックといった、
新加入の外国籍選手は軒並みアタリっぽいし、
和泉や青木といったアタッカー陣の成長も著しい。

プレーオフからの昇格組ではあるけど、
今季の名古屋はかなり手強いんじゃないかなという印象を受けたね。



次節の対戦相手は昨季のリーグ2位の鹿島。

チーム構築途上のこの時期に対戦するにはあまりにも手強い相手だけど、
胸を借りるつもりで思い切ってぶつかっていきましょう。

僕も鹿島に参戦しますので、皆さん、来週はスタジアムで会いましょう。



にほんブログ村












2018年2月11日

もうピンクの連中の喜ぶ姿は見飽きた



川崎フロンターレ23セレッソ大阪


今年はW杯シーズンということもあり、
蹴春の訪れもいつもより早め。

我々ガンバ大阪は昨季も無冠に終わってしまったため、
今季の蹴春の到来もTVの前で迎えることになりました。

毎年同じようなことを書いているけど、
獲っても獲らなくてもどちらでもいいタイトルとは言え、
昨季のタイトルホルダーとしてこの試合に臨むということは、
それ相応の名誉があることなので、
この試合をTVの前で見ているという事実には悔しさを覚えるね。

さらに今年に限って言えば、
そのTV画面にお隣のピンク色の連中が歓喜に沸く映像が映し出されていたため、
ガンバサポ的には例年以上に胸糞の悪いゼロックス杯になってしまったね。

客観的に見ても、今のセレッソのチーム力が高いのは事実だけど、
だからと言って奴らをこれ以上調子に乗せるわけにはいかない。

4月21日の吹田でのダービーを楽しみにしておくんだな。



大久保の復帰や齋藤学の獲得など、例年以上に派手なオフを過ごした川崎に対し、
現有戦力の維持に努めたセレッソ。

両者とも来週にACLを控える中で、
どのような布陣でこの試合に臨んでくるのかと思っていたら、
昨季に引き続き同チームに所属している選手を送り込んできたので、
あまり目新しさは無かった。

ただ、セレッソに関しては、昨季と変わり映えしないスタメンの中から、
中盤の大黒柱のソウザが欠場していたにも関わらず、
チーム力が上がっている印象を受けた。

結果だけ見れば1点差の僅差の試合だったように見えるけど、
ボールを握って戦う川崎が相手だったにも関わらず、
内容はセレッソの圧勝だったことからも、そのチーム力の高さが窺い知れる。

セレッソの選手をほめるのは癪に障るけど、
柿谷、杉本、清武といった、年齢的にも脂ののった代表クラスの選手たちが、
クラブチームで長い時間プレーしていれば、
連携の向上とともにチーム力が上がってくるのも必然なのかなと思う。

まあ、そのうちの1人の清武は、またしてもこの試合で負傷交代してしまったけども。

幸い大事には至らなかったみたいだけど、
この選手の最大の敵は、相手チームじゃなくて自身のケガだということを、
改めて認識させられたね。



川崎に関しては、セレッソよりも長いオフを過ごしていたせいか、
まだ試合勘が戻っていないように見受けられた。

マイボールの状況で軽率なロストも散見されたし、
球際も淡白だったように思う。

まあ、昨季のJ1を制するほどの力はあるチームだし、
徐々にギアが上がってくると思うので、そこまで心配する必要は無いだろうね。

それに、試合の最終盤にゴールを決めた大久保の動きを見る限り、
かつて3年連続得点王を獲得した男の復帰は大きいと思う。

FC東京から1年での出戻りということで賛否両論あったけど、
やはり川崎の水は大久保に合っているんだろうね。

なんか、セレッソを褒めたり、大久保を褒めたり、
普段しないことをしたせいか、体がかゆくなってきたぞ…



例年であれば、ゼロックスの翌週からリーグ開幕なので、
そろそろシーズンが始まるなという感覚があるけど、
今季の開幕は24日からなので、
どことなくギアが入りきらないところがあるのが正直なところ。

ただ、2週間なんてそんなことを言っている間にすぐ過ぎるので、
我々サポーターも名古屋との開幕戦に向けて、
徐々に気持ちを盛り上げていきたいところやね。

昨季の終盤は低調な試合を続け、
井手口が移籍したにもかかわらず、目立った補強も無く、
これまで経験が無いほど新シーズンに向けた期待値が低い我が軍ですが、
新監督のクルピの手腕を以て、良い意味で裏切って欲しいものです。
















2018年1月8日

ついに選手権の主役になったグッドルーザー



今年も選手権決勝に行って来ました。




流通経済大柏01前橋育英


これまで、僕の中で前橋育英と言えば
強豪校と真っ向から勝負を挑んで好ゲームを演じ、
美しき敗者として観客から拍手を送られて大会を去っていく、
高校サッカーに於ける名脇役という印象の高校だった。

ただ、昨年の選手権の決勝で屈辱的な大敗を喫し、
メインスタンド上部の表彰台で歓喜に沸く青森山田の選手たちを、
ピッチから見上げる前橋育英の選手たちの姿を見て、
彼らにも主役としてスポットライトを浴びる機会が訪れて欲しいなという、
気持ちを抱いていたのはきっと僕だけでは無かったと思う。

そんな僕を含めた大勢の人たちの願いは、
一昨年のインターハイ群馬県予選1回戦敗退から物語が始まり、
昨年の選手権の決勝での大敗という出来事を経て、
今日、選手権優勝という壮大なフィナーレを迎えた。

選手権の決勝は毎年観戦しに来ているけど、
こんな長編映画を1本見終わったような気分になるのは初めてじゃないだろうか。

「強く、激しく、美しく」の信念のもと、
素晴らしい作品を見せてくれた山田監督及び前橋育英の選手たちに、
心からの拍手と賛辞の言葉を送りたいね。



大会前から評価が高かった両校の対戦ということもあって、
横綱同士の一戦という見方が強かった今回の選手権決勝。

ただ、いつも通りのスタメンを送り出した前橋育英に対し、
流経柏は、前橋育英の飯島と田部井涼をマークするための選手を送り込んだあたり、
本田監督の頭の中では、普段通りの戦い方では、
前橋育英に勝てないという考えがあったのだろう。

あまり本田監督のフィジカル押しのスタイルは好きじゃないのだけど、
これまで、千葉県という全国屈指の激戦区で、
長きにわたり第一線で監督業を続けてきた男の、
勝負師としての一面を垣間見ることになったね。

その考えが功を奏し、キーマンを封じられた前橋育英はパス回しのテンポが上がらず、
攻撃の形が作れずにいたけど、
対する流経柏も前橋育英の球際の激しい守備の前に、チャンスを作ることが出来ず、
中盤でがっぷり四つの展開が長い時間続くことになったね。



そんな膠着した展開を動かしたのは、前橋育英の選手交代だったと思う。

いつもは、宮崎を榎本と交代させるパターンが多いのだけど、
この試合では、左サイドの五十嵐に代えて宮崎を投入し、
榎本とツインタワーの2トップの形にした。

五十嵐は、交代させられる前のプレーでクロスバー直撃のシュートを放つなど、
動きは悪くなかったし、榎本は前半終了間際のプレーで脚を痛めたように見えたので、
なおさら、榎本をピッチに残して五十嵐を下げるという用兵には驚かされたね。

ところが、結果的にこの采配は的中。

この交代で飯島が左サイドにポジションを移したことで、
飯島をマンツーマンで見ていた三本木も必然的にサイドに付いていく形になり、
流経柏の中央の枚数が薄くなり中盤が空洞化。

このスペースを利用して前橋育英がポゼッションを高め、攻勢を強めることになった。

流経柏も大会屈指のCBコンビである瀬戸山と関川を中心に守っていたけど、
後半アディショナルタイムについに瓦解。

前橋育英の決勝点を挙げたのは、
普段であれば宮崎との交代でベンチに下がっているはずの榎本だったのだから、
この采配に関しては山田監督の慧眼が見事だったと言うしかないね。


ここ数年、星稜や東福岡、青森山田といった強豪校が順当に深緑の優勝旗を手にし、
高校サッカー界を平定するのかと思わせていたけど、
まだまだ高校サッカー界は群雄割拠の様相を呈している。

常に選手が入れ替わる学生スポーツに於いて、
強さを維持することがどれだけ大変な事かを改めて認識させられるね。

そう考えると、前橋育英は、今回が初優勝ではあるけど、
ここ4年で3度の決勝進出は驚異的と言っても良いだろう。

次回の97回大会の決勝のピッチにはどの高校が立っているのか、
来年の成人の日が楽しみやね。















2018年1月1日

これほどまでに不愉快な新年の始まりはあっただろうか



明けましておめでとうございます。

本年も駄文をインターネット上に流し続けている、
幣ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

毎年、天皇杯の決勝は、
ガンバが進出するしないに関わらず現地で観戦するというのが、
ここ10年ぐらいの慣習になりつつあったのだけど、今年は断念。

と、言うのも、新年早々、セレッソの試合を見るために、
労力を割くというのが癪に障るからというのが理由だったのだけども。


セレッソ大阪21横浜F・マリノス


頭が痛い。吐き気がする。

別に体調が悪い訳でも、正月休みで二日酔いと言う訳でもないのだけど、
どれもこれも隣のあいつらのせいだ。

ピンク色の連中の泣きっ面を拝むために、
マリノスに期待してTV観戦していた俺が馬鹿だった。

川崎と言い、横浜と言い、神奈川県のクラブは、
セレッソにタイトルを与えなければいけないという協定でも結んでいるのだろうか。



そうは言うものの、この試合で先制したのはマリノスの方だった。

準決勝の柏戦で試合を振り出しに戻した時と同様に、
”俺たちの”下平からのアシストで、
伊藤翔がキム・ジンヒョンの守るゴールを破ってみせた。

ただ、その後もマリノスは、カウンターから何度もセレッソのゴールに迫るものの、
追加点を奪うまでには至らず、結果的にこれが試合運びを難しくしていった。

さらに、バブンスキーをベンチに下げたあたりから、
中盤でボールが持てなくなったような印象を受けたね。

対するセレッソは、先制を許し、前半は後手を踏む戦いを強いられたたものの、
後半に入ってからはきっちりと修正。

リードしながらも試合運びに難儀するマリノスを尻目に、
松原のクリアミスを山村がゴールネットに突き刺し、
試合を振り出しに戻すことに成功したね。



その後、両チーム互いに譲らず、延長戦にもつれ込むことになったわけだけど、
意外な形で試合が動くことになった。

山村が左サイドから上げたクロスに対し、
飯倉が飛び出しの判断を誤ってファーサイドにスペースを空けてしまうと、
そこに走り込んだ水沼がヘディングで合わせ、セレッソが勝ち越し。

準決勝の柏戦で見せたような神懸かり的なセービング然り、
糸を引くような鋭いフィードキック然り、個人的に飯倉は好きなキーパーなんだけど、
時折、この手の闘志が空回りしたプレーをしてしまうのが残念なんだよな。

昨季まで、今、浦和にいる榎本とポジション争いをしていたけど、
榎本在籍時に飯倉がポジションを奪いきれなかったのは、
この辺に原因があるんじゃないかなと思うんよね。



結局、この水沼のゴールが決勝点となり、
セレッソが今季2冠を達成することになりました。

ルヴァンカップの時も同じことを思ったけど、
やはりセレッソの選手たちが喜んでいる姿を見せつけられるのは、
気分が良いものではない。

それだけに来季の大阪ダービーに向けて、
より一層、負けられないという気持ちが強くなったね。















2017年12月23日

2017年シーズン・参戦記録



12月2日のリーグ最終節を以ってシーズンが終了したので、
ガンバ大阪サポーターの皆さんは既にオフシーズンの真っ只中だと思います。

本来であれば、今日開催される天皇杯準決勝の試合で、
我が愛するクラブを応援するということが本望だったんだけどね。

まあ、今更言っても仕方がないことなので、
毎年、シーズンの締めに書いている内容の記事を今年も書き留めておきたいと思います。


【2017年シーズン・参戦記録】

3月5日 J1 vs柏 @日立台 3-1 勝ち
3月19日 J1 vs浦和 @吹田 1-1 引き分け
3月20日 J3 vs相模原 @吹田 0-1 負け
4月1日 J1 vs新潟 @ビッグスワン 3-2 勝ち
4月30日 J1 vs横浜 @日産 1-0 勝ち
5月14日 J1 vs 札幌 @札ド 2-0 勝ち
6月3日 J3 vsFC東京 @西が丘 0-1 負け
6月4日 J1 vs磐田 @ヤマハ 0-3 負け
7月1日 J1 vs仙台 @ユアテック 3-2 勝ち
7月8日 J1 vs清水 @日本平 0-2 負け
7月12日 EC vs千葉 @フクアリ 0-2 勝ち
7月29日 J1 vsセレッソ @吹田 3-1 勝ち
8月5日 J1 vs甲府 @小瀬 0-1 負け
9月16日 J1 vs大宮 @熊谷 2-2 引き分け
9月23日 J1 vs鹿島 @カシマ 1-2 負け
10月7日 J3 vsセレッソ @長居 3-2 負け
10月8日 LC vsセレッソ @吹田 1-2 負け
10月22日 J1 vs浦和 @埼スタ 3-3 引き分け
11月18日 J1 vs川崎 @等々力 0-1 負け
12月2日 J1 vsFC東京 @味スタ 0-0 引き分け


20戦、7勝4分9敗


夏ごろまでは過去最多の勝利数を更新する勢いだったけど、
長谷川健太退任発表以降の急失速で7勝どまり。

逆に、敗戦の数が、J2に降格した2012年シーズンにマークした8敗を上回り、
過去最多になりました。

まあ、そのうちの2敗はJ3のものが含まれているとは言え、
そんな体たらくにも関わらず、残留争いに絡まなかったのは、
よかったと考えるべきなのだろうか。

また、昨季は吹田に1試合しか行けなかったけど、今季は4試合参戦。

ホームゲームの参戦回数を増やすという、昨季末の目標は達成できたけど、
7月の大阪ダービーでの勝利という印象深い試合はあったものの、
10月の再戦では醜い敗戦を喫するなど、
トータルで見ればホームゲームの心象は悪かったね。

来季に向けて、あまり補強の話が聞こえてこないのはいつもの話なので、
そこはあまり気にしないようにはしているけど、
クルピの下で、ホームの観客を喜ばせるサッカーを多く見せて欲しいと思う。




にほんブログ村











2017年12月17日

E-1とか言うM-1より笑える大会



飛田給行って来ました。




日本14韓国


もしかしたら、ガンバ大阪の選手としてプレーする井手口陽介を見るのは、
この試合が終わったら当分無いだろうと思って、
若干、感傷的な気持ちでこの試合を見始めたのだけど、
いつの間にかそんな気持ちを抱いていたことすら忘れるような無残な敗北だった。

かつて日本の強みとされた中盤は完全に主導権を握られ、
指揮官が標榜するデュエルでも完全に韓国に屈し、
サイドを崩されて何度も決定機を作られる始末。

あまり精神論を唱えるのは好きじゃないけど、ホームでの試合にも関わらず、
前半の途中から戦意を喪失しているようにも見えたのも残念だった。

久々に日本代表の試合を見に来たけど、
Jリーグの試合よりも割高なチケット代を払ってこの内容では、
あまりにも割に合わなさすぎるね。



ただ、あまりにも酷い試合だったので忘れている人も多いかもしれないけど、
この試合で先制したのは日本。

伊東が獲得したPKを小林悠がきっちりと決めて、幸先良く先手を奪ったわけだけど、
あまりに早い時間帯に点が取れたことで、
残りの時間をどう戦うのかという意思疎通がチーム内で出来ていなかったのかもしれない。

逆に、早い時間帯に失点して攻めざるを得なくなった韓国の攻勢を、
正面からまともに受けてしまうような格好になってしまったね。

ここら辺は、今野のようなベテランがリーダーシップを発揮してほしかったけど、
経験値は豊富だけど、そういうタイプの選手では無いのだろうな。



中国戦では思いのほか好感触だった植田の右SBだったけど、
1失点目のクロッサーに対するアプローチや、
3失点目のファーの選手をフリーにしてしまう対応を見る限りだと、
やはり本職のポジションではないなと思ってしまった。

ただ、韓国の前線には長身の9番の選手がいたにも関わらず、
チーム内で一番のヘディングの強さを誇る植田を、
サイドで起用しているという矛盾した用兵にも疑問を感じたね。

また、2失点目のチョン・ウヨンのFKは、
初戦の北朝鮮戦でビッグセーブを連発していた中村航輔を以ってしても、
ノーチャンスと言わざるを得ない素晴らしいものだった。

とは言え、そのFKに繋がるファウルを与えたのは車屋の軽率なプレーだったし、
ミスが失点を呼び込んでしまったなと言う感覚は拭えないね。


前々回の東アジア選手権では、柿谷や森重が台頭し、
そのまま翌年のブラジルW杯のメンバーに選ばれたけど、
今大会のメンバーでロシアW杯のメンバーに選ばれる選手は何人いるのだろうか。

この韓国戦を見る限りだと、
W杯のメンバーに相応しい選手なんて1人もいなかったように思えるのだけど、
誰がハリルホジッチのお眼鏡に適ったのか、
来年3月のインターナショナルマッチのメンバー発表を楽しみにしたいね。



にほんブログ村












2017年12月12日

今週末はこの中国に勝てなかったチームとの試合です



日本21中国


試合終了間際のPKで1点を返されたものの、
小林悠の先制ゴールと、昌子のロングシュートで挙げた得点を守り切り、
E-1という、獲っても獲らなくても然したる変化のないタイトル獲得へ向けて、
勝ち点3を積み上げることに成功。

ただ、そこに至るまでの過程は、長身選手が多い中国と相対しているのにも関わらず、
ロングボールが左右へ行ったり来たりしているだけの、
非常に見どころの少ない試合だった。

思えば、ハリルホジッチが監督になってからの日本代表って、
試合終盤の劇的ゴールで結果オーライみたいな勝ち方が多いように思う。

まあ、負けるよりはいいのだろうけど、
このような内容の伴わない勝利を積み重ねたところで、
W杯へ向けての糧になるかと言われると疑問符を付けざるを得ないね。



とは言うものの、ゲームメイク力に長けた大島がピッチに立っている間は、
テンポよくボールを動かす場面が見られた。

CBからボールを受けてワンタッチでクルッと前を向くところとか、
グラウンダーのパスコースが塞がれているとロビングで縦パスを入れるところとか、
大島と言う選手を見ていると、若き日の二川孝広と重なるものがあるので、
個人的に大島のプレーを見るのはいつも楽しみにしている。

ただ、この試合では、シュートを打とうとしたタイミングで脚を痛めてしまい、
前半で交代を余儀無くされてしまったのはあまりにも残念だった。

そして、その大島の負傷を受けて井手口がピッチに入り、
11人中5人がガンバ大阪の所属選手となったタイミングから、
試合のリズムが悪くなったので、
ガンバサポとしてなんとなく後ろめたさを感じていたりするのだけど。



また、この試合では、代表に招集されるもののいつも試合に出場させてもらえない、
我らが三浦弦太と鹿島の植田が代表初キャップを飾ったね。

スタメンの顔触れを見る限りだと、清水時代に経験がある三浦が右SBに入り、
普段、鹿島で昌子とCBを組んでいる植田が、
この試合でも昌子の相棒になるのかなと思いきや、まさかの逆だったね。

序盤、安易なパスミスを繰り返す植田を見て、
やはりこのDFラインの並びはミスキャストじゃないかと思ったけど、
時計の針が進むにつれ、クロスから決定機をお膳立てしたり、
前の選手とのワンツーで裏へ抜け出したりと、
植田が右SBというポジションをモノにしていたのが滑稽だった。

大岩監督がどう考えるか知らないけど、西が負傷で来季の開幕に間に合わなさそうなら、
植田の右SBもアリなんじゃないだろうか。



次戦の相手は韓国。

初戦で中国と引き分けるなど、ここ最近の低調なチームパフォーマンスを、
この試合でも継続して発揮している韓国だけど、
さすがに相手が日本となると目の色を変えて挑んでくるだろうし、
ケガに気を付けて返り討ちにしたいところやね。

獲っても獲らなくても然したる変化のないタイトルと先述したけど、
せっかく自国で開催される大会でタイトル獲得のチャンスがあることだし、
獲れるものは獲って、すっきりと2017年の日本代表の活動を締めくくりましょう。




にほんブログ村