2017年12月12日

今週末はこの中国に勝てなかったチームとの試合です



日本21中国


試合終了間際のPKで1点を返されたものの、
小林悠の先制ゴールと、昌子のロングシュートで挙げた得点を守り切り、
E-1という、獲っても獲らなくても然したる変化のないタイトル獲得へ向けて、
勝ち点3を積み上げることに成功。

ただ、そこに至るまでの過程は、長身選手が多い中国と相対しているのにも関わらず、
ロングボールが左右へ行ったり来たりしているだけの、
非常に見どころの少ない試合だった。

思えば、ハリルホジッチが監督になってからの日本代表って、
試合終盤の劇的ゴールで結果オーライみたいな勝ち方が多いように思う。

まあ、負けるよりはいいのだろうけど、
このような内容の伴わない勝利を積み重ねたところで、
W杯へ向けての糧になるかと言われると疑問符を付けざるを得ないね。



とは言うものの、ゲームメイク力に長けた大島がピッチに立っている間は、
テンポよくボールを動かす場面が見られた。

CBからボールを受けてワンタッチでクルッと前を向くところとか、
グラウンダーのパスコースが塞がれているとロビングで縦パスを入れるところとか、
大島と言う選手を見ていると、若き日の二川孝広と重なるものがあるので、
個人的に大島のプレーを見るのはいつも楽しみにしている。

ただ、この試合では、シュートを打とうとしたタイミングで脚を痛めてしまい、
前半で交代を余儀無くされてしまったのはあまりにも残念だった。

そして、その大島の負傷を受けて井手口がピッチに入り、
11人中5人がガンバ大阪の所属選手となったタイミングから、
試合のリズムが悪くなったので、
ガンバサポとしてなんとなく後ろめたさを感じていたりするのだけど。



また、この試合では、代表に招集されるもののいつも試合に出場させてもらえない、
我らが三浦弦太と鹿島の植田が代表初キャップを飾ったね。

スタメンの顔触れを見る限りだと、清水時代に経験がある三浦が右SBに入り、
普段、鹿島で昌子とCBを組んでいる植田が、
この試合でも昌子の相棒になるのかなと思いきや、まさかの逆だったね。

序盤、安易なパスミスを繰り返す植田を見て、
やはりこのDFラインの並びはミスキャストじゃないかと思ったけど、
時計の針が進むにつれ、クロスから決定機をお膳立てしたり、
前の選手とのワンツーで裏へ抜け出したりと、
植田が右SBというポジションをモノにしていたのが滑稽だった。

大岩監督がどう考えるか知らないけど、西が負傷で来季の開幕に間に合わなさそうなら、
植田の右SBもアリなんじゃないだろうか。



次戦の相手は韓国。

初戦で中国と引き分けるなど、ここ最近の低調なチームパフォーマンスを、
この試合でも継続して発揮している韓国だけど、
さすがに相手が日本となると目の色を変えて挑んでくるだろうし、
ケガに気を付けて返り討ちにしたいところやね。

獲っても獲らなくても然したる変化のないタイトルと先述したけど、
せっかく自国で開催される大会でタイトル獲得のチャンスがあることだし、
獲れるものは獲って、すっきりと2017年の日本代表の活動を締めくくりましょう。




にほんブログ村










2017年12月9日

井手口がゴールを決めなければ、ただの中村航輔のセービング練習だった



日本10北朝鮮


代表戦と言えば、どれだけ内容に乏しいサッカーをしていたとしても、
集客が見込めるコンテンツだと思っていたのだけど、
土曜日且つ、晴天での開催にも関わらず、
この日の味の素スタジアムには空席が目立った。

相手が北朝鮮と言うのもあったのだろうけど、
それ以上に、普段、代表の試合でスタジアムを埋めている観客のほとんどは、
海外組目当てのミーハーファンだということが浮き彫りになった結果だと思う。

また、僕のようなJリーグファンは、
先週の時点で今季のサッカーの日程は終わった感じになっている人も多いだろうから、
このE-1という大会の注目度が低くなってしまうのも仕方が無いのだろうね。



この試合の北朝鮮は、日本にボールを持たせ、
自陣でしっかり守備ブロックを形成してきたわけだけど、
ボールを奪って縦に速く攻めるという戦い方を採用している日本にとって、
敵陣にスペースが見い出せないこの手の相手はどうも分が悪い。

普段、代表でプレーしていない選手が多く、連携が拙いことも相まってか、
ボールは保持するものの、なかなかシュートまで持ち込めないという、
某在阪クラブのような攻撃になってしまっていた。

まあ、もっとも、件の在阪クラブの攻撃陣は、急造では無いですが。

ただ、ボールを奪って早く攻めるという戦術は、
日本より強いチームとばかり戦うW杯で、
結果を残すためのアプローチとしては悪くないのだろうけど、
相手に合わせて戦い方を変えるという考えはハリルホジッチの中に無いんでしょうかね。



逆に、日本がやりたいサッカーをやっていたのは北朝鮮の方だった。

自陣に敷いた守備ブロックでボールを奪い、
シンプルに縦にボールを送ることで、何度も日本のゴールを脅かしていたね。

北朝鮮の選手の拙攻と、中村航輔のセービングが無ければ、
もっと大差がついてもおかしくない試合だったように思う。

特に、この試合での中村航輔は出色のパフォーマンスだった。

ガンバサポーターとしては、東口に頑張って欲しい気持ちはあるのだけど、
この試合での中村航輔の活躍を見て、
ハリルホジッチの中で序列が入れ替わっても何ら不思議はない。

中国戦と韓国戦で東口に出番が訪れるかはまだわからないけど、
次のチャンスで相当アピールする必要があるなと感じたね。



川又のシュートが北朝鮮のGKに防がれた時に、
スコアレスドローも覚悟したのだけど、
“ファーギータイム”に井手口のミドルシュートが炸裂してサヨナラ勝ち。

北朝鮮の選手に当たって、若干コースが変わったシュートではあったけど、
あの手のボールをふかす日本人選手が多い中で、
低く抑えた見事なシュートだったと思う。

それにしても、アディショナルタイムに足が攣った北朝鮮の選手は、
時間稼ぎのつもりで転んでいたのもあったのだろうけど、
結果的に、アディショナルタイムを長くしてしまい、
日本が先制する時間を与えることになるなんて皮肉なものだね。



次戦は中国戦。

この試合を見る限りだと、劇的に内容が良くなる可能性は低いと思うけど、
粘り強く戦って、勝ち点3を積み上げて欲しいと思います。



にほんブログ村












2017年12月2日

愛憎の5年間にさよならを



飛田給行って来ました。




ガンバ大阪00FC東京


今季のJ1の日程が発表された時に、
このカードが最終節に組まれていることを目にして、
東京がホームで行われる最終節でリーグ優勝を決めるために、
相性の良いガンバ戦を選んだんじゃないかと邪推する人もいたけど、
まさか6月以降リーグ戦で3勝しかしていない者同士の冴えない試合になるとは、
前任のJFAの技術委員長も思っていなかっただろうね。

石川の引退試合、徳永の壮行試合という側面が無ければ、
お互いの今季を象徴するような塩試合でしかなかったように思う。

まあ、正式には公表されていないけど、
長谷川健太の引継ぎ試合でもあったのかなと思うけども。



前節、ホームで無得点に終わったのにも関わらず、
前節と全く同じスタメンを起用してきた長谷川健太。

前節の札幌戦後に現役引退を表明した藤ヶ谷をスタメンで起用するという、
粋な計らいもあってよかったと思うけど、
特に勝敗にこだわる必要もない試合なのに東口を起用するなど、
どこまでも長谷川健太という人はつまらない人間だなと思ってしまった。

案の定、前節と同じく、攻撃の形が作れず、
全くシュートまで持っていけない展開に、欠伸が出るばかりだったけど、
それは東京にとっても同じことで、低いレベルで拮抗した試合になってしまっていたね。

後半から故障明けのファンウィジョを投入して、裏へ抜ける形が増えてから、
ゴールへ向かう道筋が見えたけど、結局、この試合のガンバの決定機は、
ファンウィジョの頭での落としから呉屋が放ったシュートぐらいか。

まさか攻撃を標榜としていたチームが、
ここまで攻撃のやり方を忘れてしまうとは嘆かわしい限り。

東京は、本当に来季をこの監督に託すつもりなんですか?




試合後に石川直宏の引退セレモニーがあったので、
スタンドに残って見ていたのだけど、
僕はガンバサポなので、特に石川という選手に思い入れは無いものの、
歳のせいなのか、石川のスピーチの前に流れたVTRを見て、不覚にも感動してしまった。

そう言えば、2011年だったか。

ガンバを退団してブラジルに帰国していたルーカスが東京に復帰した時、
ルーカスに会いに小平の練習場に行ったことがあったのだけど、
その時、沢山のサポーターに囲まれていた石川が、
1人1人に丁寧にファンサービスしていたのがとても印象的で、
今でも覚えている。

この日も自身の引退セレモニーでのスピーチにも関わらず、
対戦相手のガンバに対する感謝を冒頭に述べるなど、
プレーだけでなく、こういう気配りが出来る人間性も含めて、
東京のサポーターに愛されていたのかなと思う。

影ながらではありますが、石川の第二のサッカー人生を応援しています。



これで今季の日程は全てお終い。

タイトル争いからは早々に脱落し、
だから言って残留争いをしているでもないという、
応援するモチベーションの維持が困難だったシーズンだった。

来季は新しい監督と共に歩みを始めるシーズンになるけど、
ここまで崩れたチームを建て直すのは相当時間が掛かると思うので、
最初の頃は我慢も必要になるのかなと今のうちから覚悟している。

ただ、我々は本来、タイトル争いに身を置いていなければいけないチームだと思うので、
川崎やセレッソが歓喜に沸く姿を、黙って見ているわけにはいかない。

来季は、Jリーグにガンバ大阪ありというシーズンとなることを期待したいね。




にほんブログ村












2017年11月26日

願わくば長谷川健太に心からありがとうと言える状況でこの日を迎えたかった



ガンバ大阪01北海道コンサドーレ札幌


試合後に項垂れる選手たち。

9月に長谷川健太の退任が発表されて以降、お馴染みの光景になってしまったので、
珍しくもなんともないのだけど、この試合はホーム最終戦ということもあり、
試合後にセレモニーが予定されていたので、
その点だけいつもと若干雰囲気が異なっていた。

ただ、公式戦12試合勝ち無しという未曽有の低迷状態にあるチームの、
ホーム最終戦セレモニーがアットホームな雰囲気で行われるはずもなく、
形式的なやっつけ仕事感が否めなかった。

該当者に相応しい選手が見当たらず、ただ選んだだけの黄金の脚賞。

テンプレートを読み上げているだけで、
気持ちのこもっていない遠藤キャプテンの挨拶。

大ブーイングに迎えられてマイクの前に立ったにも関わらず、
「快くここでの仕事を終えられる」という
意図のわからない言葉を残していった長谷川健太。

そして、最後までピッチに出て来なかった社長。

こんなセレモニーを行うぐらいなら、
やらないほうがマシだったんじゃないだろうか。

遠藤が強気な言葉でタイトル獲得を高らかに宣言して、
サポーターを沸かせていたあの頃が遠い昔のように思えてきますよ。



この試合では、前節の川崎戦とは打って変わって、
ガンバがボールを保持する展開になったわけだけど、
試合を支配しているという感覚は皆無で、
ボールを持たされている感が否めなかった。

前半はスコアレスで試合を折り返すことが出来たものの、
後半、あれだけ注意していたジェイにセットプレーからゴールを割られ、先制点を献上。

結果的にこれが決勝点となって、
札幌に勝ち点3をプレゼントすることになってしまった。

ゴール前での競り合いでファウルを取られたため、ゴールは取り消しになったものの、
セットプレーからジェイにフリーでヘディングを許す場面もあったし、
この試合のセットプレーで、ジェイをマークしていた三浦のパフォーマンスは、
代表に選ばれるような選手とは程遠いものだったね。



次節は飛田給でFC東京戦。

今のFC東京のチーム状態も、ガンバに負けず劣らずの酷いものだと思うので、
個人的には、今のJ1で一番弱いチームを決める対戦と言っても語弊は無いと思う。

そうは言っても、舞台が鬼門中の鬼門である味の素スタジアムなので、
ガンバが圧倒的に不利であることには変わりは無いのだけど、
今季は、柏や日産、鳥栖など、長年勝てなかったスタジアムで勝利を挙げているので、
そのジンクスだけに一縷の望みを託したいね。




にほんブログ村











2017年11月18日

ゴールキーパー1人ではサッカーの試合は出来ない



等々力行って来ました。




ガンバ大阪01川崎フロンターレ


先日のルヴァンカップ決勝で、あろうことかセレッソに初タイトルを献上するという、
罪深き愚行を犯した川崎フロンターレ。

セレッソが無冠であることを嘲笑するという、
大阪ダービーでの楽しみを失ったガンバサポに、
埋め合わせとして2ヶ月ぶりの勝利をプレゼントしてくれたってよかったのに、
今月は2度も川崎に苦痛を与えられてしまった。

結果だけ見れば惜敗のようにも見えるけども、
シュート数は川崎の25に対しガンバはなんと1。

ガンバのチャンスらしいチャンスと言えば、
審判が見逃した、試合終了間際に谷口がペナルティエリア内で犯したハンドだけという、
9月のアウェイの鹿島戦以上に、プロとアマチュアほどの実力差を感じた試合だった。

先月の仙台戦から試合間隔が3週間空いたこともあり、
チームを建て直す時間は十分にあったはずなのに、
先月より状態が悪化しているなんて一体どういうことなんだろうか。

もはや来月でガンバ大阪のベンチから去る長谷川健太に期待することなんて何も無いけど、
どうやったら5月に首位に立っていたクラブを、
こんな短期間でボロボロにできるのか教えて欲しいわ。



この試合がプロのサッカーの試合として成立していたのは、
東口が孤軍奮闘でガンバのゴールマウスを死守していたからに他ならない。

GKコーチがマルキーニョスから森下に代わってから、
東口のパフォーマンスが落ちたような印象はずっとあったんだけど、
ここ2ヶ月の東口のパフォーマンスは、
ガンバに移籍してきたころのものに戻りつつあると思う。

先日の日本代表の欧州遠征では出番が訪れなかった東口だけど、
この日の東口の獅子奮迅の活躍は、
日本代表の守護神に推しても恥ずかしくないものだったね。

そんな東口の頑張りに応えられないフィールドプレーヤーの面々については、
情けない限りなんだけども。


次節はホーム最終戦の札幌戦。

勝利で締め括りたいところだけど、ジェイやチャナティップという、
7月に補強した新戦力が機能している今の札幌に、
ガンバが勝利するイメージがどうしても湧かないんですが。

まあ、勝つにしろ負けるにしろ、
社長の挨拶にブーイングが浴びせられることは既定事項だと思うけど、
あまり行き過ぎた真似だけはしないようにとだけ言っておきたいかな。




にほんブログ村











2017年11月15日

リールとブルージュで何を得たのか



日本01ベルギー


ベルギーのスタメンを見て、随分豪華な顔ぶれだなと思ったけど、
これでもクルトワがベンチに座っていて、
アザールとナインゴラン、カラスコ、アルデルヴァイエルトはメンバー外って、
どれだけ層が厚いんだろうか。

ただ、これほどのタレントが揃っているのなら、
国際舞台でタイトル争いをしていてもおかしくないのだけど、
煌びやかな個が組織にイマイチ還元されていないのが、
ベルギーというチームの課題でもあるのかなと思う。

まあ、試合に負けておいてこんなことを書くのもみっともないけど、
実際、この試合でも、個の力による単発の攻撃が多く、
組織として崩してくるような場面はあまり無かったしね。



対する日本は、先日のブラジル戦のスタメンから、
長谷部と長澤が入れ替わっただけで、残りのメンバーは同じ。

アジア最終予選のオーストラリア戦を戦ったメンバーが、
ハリルホジッチの中のベストメンバーなのかなと思っているのだけど、
例外的に、槙野の序列が上がってきたのが目を引くところやね。

そう言えば、今週末に控えるACLの決勝に備えて、
浦和所属の選手の起用法は考慮すると言っていた気がするんだけど、
その話はどうなったんだろうか。

まあ、ガンバサポの自分が気にするところでは無いんだろうけど。



試合の方は、戦前の予想通り、ホームのベルギーが主導権を握る展開になったものの、
日本としても、浅野が良い形でボールを受ける形が多く、
右サイドからチャンスを作れそうな気配はあった。

ただ、この浅野という選手は、スピードという部分では魅力がある選手なんだけど、
足下の技術の拙さと、ボールを持った時のアイデア不足が目に付いて、
実際、この試合でも何度もチャンスを潰している感があった。

かと言って、その浅野との交代で出てきた久保に関しても、
昨年の今頃の飛ぶ鳥を落とす勢いは感じられず、
ハリルホジッチが求めるデュエルでの弱さを露呈しているので、
両者とも右サイドのレギュラーを張るには物足りなさを感じるね。

メキシコで調子を上げてきているあの人が、
結局のところ、代表に必要という結論に落ち着いてしまうのだろうか。



また、何度かこのブログでも書いている話だけど、
山口は、井手口と同様に、広範囲を動き回ってこそ本領を発揮する選手だと思うので、
アンカーというポジションで全体のバランスを取りながら、
スペースをカバーするような役割は、彼の良さを殺していると思う。

じゃあ、この試合のように長谷部が欠場した際は、誰がアンカーに適任かと問われると、
すぐに名前が思い浮かばないのが悲しいところ。

右サイドと同様に層の薄さを再認識させられることになってしまったね。



ブラジルとベルギーという強豪相手と対戦する機会に恵まれた、
今回の欧州遠征だったけど、正直、そこまで収穫は多くなかったように思う。

ただ、例年であれば、今月で代表の活動は終了となるところが、
今年はE-1サッカー選手権という大会が来月に予定されているので、
今回の欧州遠征で出場機会が無かった選手たちは、
ここでアピールできるように奮起して欲しいところやね。

僕も、久々に代表戦を観戦しに行こうと計画しているので、
是非とも良い試合が見たいものです。




にほんブログ村











2017年11月11日

ブラジル代表を接待するのではなく、ちゃんと試合をした日本代表



日本13ブラジル


まあ、さすがにブラジルに勝てるとは思っていなかったので、
この結果は予想の範囲内ではあるのだけど、
3年前にシンガポールで対戦した時に完膚なきまでに叩きのめされた相手に、
そこそこ健闘は出来たのかなと思う。

3年前のブラジルと言えば、ドゥンガの第二次政権下で、
チームに何とも言えない閉塞感が漂っていた時期だと思うんだけど、
コリンチャンスをクラブW杯優勝に導いたチッチが監督に就任して以降、
その閉塞感が払拭され、来年のロシアW杯優勝候補の最右翼であるブラジル相手に、
ここまでやれたというのはポジティヴに考えていいのではないだろうか。

結果的に実力の差を見せつけられたことには変わりは無いのだけど、
吉田のポスト直撃のFKや、川島のPKストップなど、
それなりに見どころの多い試合ではあったね。



ハリルホジッチは、先日のアジア最終予選のオーストラリア戦と同様に、
中盤に井手口、山口、長谷部というボール奪取力に長けた選手を配したことからも、
ポゼッションを放棄し、マイボールになったら縦に速くという狙いが見て取れた。

実際、山口がロングボール一本でチャンスを作る場面もあり、
良い試合の入り方が出来ていたと思うんだけど、
吉田が献上したPKをネイマールに決められてしまってから、
難しい試合になってしまったね。

吉田がファウルを取られたプレーに関しては妥当な判定だと思うので、
そこに関しては特に何も言うことは無いのだけど、
この判定を下したVARというシステムには賛否両論あると思う。

主審が映像を確認している間、試合が止まってしまうという弊害はあるけど、
そもそも、22人の選手たちが120m×90mのピッチで行うサッカーというスポーツを、
4人の審判で裁くというのは物理的に無理があると思っていたので、
個人的にはVARに賛成。

また、サッカーというスポーツがビジネス的に巨大化し、
W杯や欧州主要リーグが世界中で注目されるコンテンツとなった現在、
主審の判定の1つ1つには多くの目に晒されることになっているので、
誤審によるバッシングから審判を守るためにも、
VARというシステムは導入していく必要はあると思う。

何事も、新しいことをやり始めたばかりの頃は慣れないものだけど、
徐々に改良も加わっていくだろうし、
VARがサッカーというスポーツをより良くしていくと思って、
長い目で見ていく必要はあるんじゃないかな。



前半で3点を奪われて試合の大勢は決した形にはなったけど、
後半に槙野が1点を返して一矢は報いることが出来た。

ブラジル戦でのゴールはドイツW杯で玉田が挙げて以来、11年ぶりのことだとか。

ちなみにその槙野のゴールは我らが井手口のCKからだったけど、
井手口は2失点目に繋がるクリアミスを犯してしまったので、
プラマイゼロと言ったところかな。

ブラジルほどではないにせよ、次戦のベルギーも強豪であることに変わりは無いので、
胸を借りるつもりで試合に臨んで欲しいと思います。




にほんブログ村